靴とバッグの専門店「ミナカイグループ」

靴の手入れ

靴の手入れお手入れグッズ

クリーナー

チューブに入った乳化性と液状のローションがあります。
革によって専用のものが必要ですので購入の際には注意を。

汚れ落とし用の消しゴム

ひどい汚れに使いますが、強くこすると色落ちするのでご注意ください。

ブラシ

一般的に汚れ落としには毛足の硬い豚毛、仕上げには柔らかい馬毛を使います。

クリーム

つやを出し、革を保護するために使用。クリーナーで汚れを落としてから塗ります。
クリームは保革効果のある乳化性シュークリームと、防水性が高いシューポリッシュがあります。

皮革用防水スプレー

防水効果だけでなく汚れを付きにくくしますので、靴を購入した時点で吹き付けると効果的。 起毛革には専用のものを使用します。

レザー・ソープ

汚れがひどいときに、レザー・ソープを使って靴を洗います。


靴の手入れお手入れ方法

スムースレザー

  1. 靴底の汚れをブラシで落とします。
  2. コバの部分の汚れ、ホコリをブラシで落とします。
  3. 靴全体の汚れをブラシで落とします(縫い目や紐の間のホコリは丁寧に)。
  4. 全体に乳化性クリームを薄く塗り、乾いてから丁寧に拭き取ります。
  5. ツヤ出しと防水には油性のシューポリッシュを薄く全体に塗り、乾いてから丁寧に拭き取ります。
  6. 柔らかい布(ストッキングなどがよい)で磨き上げます。
  7. 型くずれを防ぐためにはシューツリーを入れて保管するのがベストです。

爬虫類革

柔らかい布かブラシで汚れを落としてから、専用クリームを塗ります。防水スプレーの使用は避けたほうがいいでしょう

ヌメ革

汚れやシミがつきやすい革ですから、買ってすぐに防水スプレーをかけることをお勧めします。
汚れた場合は専用の消しゴムで落とし、クリームを使用する場合は必ずヌメ革専用のクリームを。

メッシュ

網目に汚れが溜まりやすいのでこまめにお手入れすることが大切です。汚れ落としには目詰まりしないローションタイプのクリーナーを使用します。

起毛革(スエード・ヌバック・ベロア)

硬めのブラシでホコリを落とし、起毛革専用の天然ゴムブラシでブラッシング。汚れが付着したゴムのかすを、裏側のブラシで取り除きます。
縫い目やコバについた汚れは丁寧にブラッシングします。落ちにくい汚れは専用の消しゴムを使い、強く擦らず、軽く落とします。
仕上げはブラッシングで起毛させ、防水スプレーをかけると安心です。

エナメル

特に注意が必要なのがひび割れ。履いたあとはローション等で汚れを落とし、柔らかい布に専用クリームをつけてすり込み、乾いてから拭き取ります。

コードバン

スムースレザーとほとんど同じですが、ひどい汚れはブラシで汚れを落とし、湿った布で靴を拭きます。乳化性のクリームを使う場合は、店のスタッフにご相談ください。
シューポリッシュを薄く塗って、乾いてから拭き取ります。


靴の手入れこんなとき、どうする?

しみができた

クリーナーか専用の消しゴムで落とします。落ちない場合は、同色の乳化性クリームをすりこんで目立たなくします。

カビが生えた

陰干しをしてからブラシで取り除き、乾いた布で乾拭きします(スエード以外)。
カビ防止には除菌効果がある消臭スプレーも効果的です。

ひび割れた

革そのものが乾燥してしまった場合はクリームを塗って水分の補給をします。

塩が吹いた

濡らした布で叩くようにして取り、乾いた布で拭き取ります。

濡らした

乾いた布で水気を拭き取ったあと、新聞紙を靴の中に入れ陰干します(新聞紙のインクが染みないように注意が必要)。
乾いたあとはブラシでホコリを払い、仕上げにクリームを塗ります。スエードの場合は、乾いてからブラシで起毛させます。
※ドライヤーや日光で乾かすと、型崩れやひび割れの原因になります。


靴の手入れ靴を長持ちさせるコツ

一日履いた靴はブラシで汚れを落とし、翌日は履かない。2〜3日休ませて履くと長持ちします。


靴の手入れ保管の仕方

靴に合った手入れをしたあと陰干しし、乾燥させてから高温多湿の場所を避けて保管します。

革の種類

革の種類

カーフスキン

生後6ヶ月以内の仔牛の皮。柔らかくキメ細かいため、高級革製品に使う。

カウ・ハイド

生後約2年の牝牛の皮。厚くて丈夫なのため、靴の底などに使用される。

コード・バン

馬のお尻または背の部分をタンニンなめして、染色した革。光沢があり丈夫で長持ちする。ランドセルなどに使う。

ゴート

ヤギの皮。硬くて丈夫だけど感触はソフト。子ヤギの皮はキッドスキンと呼ばれる。

カンガルー

キメ細かくてカーフよりも高級とされる。丈夫だけど傷には弱い。

キップスキン

生後6ヶ月〜2年の牛皮。カーフより少し厚手だけど上質。

ステア・ハイド

生後3〜6ヶ月に去勢した牡牛が成牛になった時の皮。靴甲革、鞄、ベルト、靴底革など、もっとも多く使われる素材。

ピッグ

ブタの皮。軽量で耐久性があり、通気性に優れている。

シープ

薄くて柔らかい羊の皮。仔羊の皮はラムスキンと呼ばれる。

オーストリッチ

ダチョウの皮。使うほどに艶も出てくる高級素材。


革の種類加工別による革の分類

スエード

牛、山羊、羊等の革の裏面をサンドペーパーで起毛した革。
仏語のスウェーデンが名前の由来で、バックスキンもこう呼ばれることがある。

ヌバック

牛革の表面を起毛させたベルベット状の革。バックスキンより毛足が短い。

ボーデッドレザー

表面に軽いしわ加工や型押しを行い、細かな線模様を入れた革。

バックスキン

鹿革(BUCK)の総称。特に牡鹿の表面をビロード状に起毛させたものをさす。

ベロア

成牛革の裏面を起毛させた革。スエードよりも粗く、毛足が長い。
デザート・ブーツやワラビー等に利用される。

エナメル革

表面にエナメルやポリウレタン樹脂など合成樹脂を塗装して光沢を出した革。

上手な靴の選び方

フィッティング

フィッティングのポイント

  1. つま先は指が動く余裕があるか?
  2. 幅があっているか?
  3. 土踏まずのアーチラインがフィットしているか?
  4. 足の甲が圧迫されたり、食い込んでいないか?
  5. かかとのカーブがあっているか?
  6. はき口の縁が開いていないか?
    外くるぶしが当たっていないか?
  7. かかとが固定されているか?

これらのことを踏まえたフィッティングが大切です。
また、一般的に1日のうちでいちばんむくむといわれている夕方に必ず両足で店内を歩きまわって試し履きをすることが重要。
そして何より、信頼できる専門のスタッフのアドバイスを参考にすることがベストですね。


TOP